幸せと不幸せは隣り合わせだな。

自分には、4歳の女の子と1歳の男の子がいるのですが、昨日仕事に行く時に、自分は出勤するのが朝早い仕事をしているので5時30分くらいに行こうとしたら、二人揃って布団から起きてきて、玄関まで見送りに来てくれてバイバイしたり、ハイタッチをしてから会社に向かいました。子供が見送ってくれたことに嬉しく思い、朝から気分が良く、1日を始められました。こういう小さなことが幸せなのだなと感じました。

こいつらを守っていこうと心に決心した途端に、後輩のミスのおかげでトラブルが起こり、取引先とすったもんだあり、その日には無事円満解決しましたが、正しくバイキングの小峠さんのギャク「何て日だ!」って言ってしまった昨日の1日でした。

You may also like