猿の惑星の聖戦記を昨日映画館で鑑賞しました

子供が映画を見たいというので、何が公開しているのか調べたところ猿の惑星がいいのではと思い決めました。自宅から30分ほどのところにある映画館を毎回利用しているのは交通の便もよいこともありますが、ネットで事前に席を予約できるからです。

早速知らべたところお昼過ぎの時間帯でしたが、意外にすいていたことがわかりました。いつも映画館の真ん中の席を予約できないことも多いのですが、今回は隣にだれもいない席を選ぶことができました。いつもは上映する前にポップコーンを購入しますが、遅めの昼食をとっていたので飲み物だけにしました。上映時間になり映画館内に入ると、子供連れはほとんどいませんでした。大半は50代、60代の夫婦連れが多く、中年の男性が一人で見ている人も目にしました。

猿の惑星は旧シリーズはかなり前に制作されていたので、それを見ていた年代の人が懐かしさで鑑賞しにきているのかと思いました。

映画の内容は言えませんが、大半はCGだと思いますがほとんど区別がつかなく本当に猿が話をしていうとしか思えませんでした。特に表情があまりにリアルで人間としか思えなくなる素晴らしい出来栄えでした。

今回は旧シリーズの第一作につながる内容だなと思いながらみていましたが、あとで確認するとあっていました。旧シリーズは何度も見ていたのでうまく話をつなげていたことに感心してしまいました。子供も食い入るように見ていたので良い映画だったなと思いました。

You may also like