テロリスト当然の巨大な熊の話への驚き

熊といえば動物園で見ればかっこよかったり、凄かったりして見分けるものの1つですが、超巨大熊によるテロ行為が地球上の各地で起こっているのがやばいだ。
個人的には、北海道の三毛別の巨大ヒグマのが、熊による村落襲撃の話として甚だしく調べて見たい気がしました。
熊が人間の家に食事のために襲撃をかけるだけではなく、人間を保存食にするという知恵を働かした事は、熊は意外と素晴らしい動物に見えました。
もはや北海道のちっちゃな村は戦場と化し、熊と人間の力と知恵の殺し合いが始まったのを確認したら、いかなる記録になって見極めるか夢中になって見つけ出しました。
村の男衆が一部分に集まって警戒しているのをよそに、熊が女子供を食いに奇襲をかけるシーンも熊の賢さと恐ろしさを示していました。
こういう調子でいけば熊1頭で村を滅ぼせるという空気でしたけど、人間側が援軍を求めて熊を射殺したいという執念を見せてどんな展開になるか見ものになりました。
人間が熊の習性を活かして策をかけたけど、熊は寸前の所で策略を見抜いて立ち去ったので、熊の方が謀略戦に一応勝利した形になり、熊の勝ちかと思いました。
ところが、陸軍が出撃したあげく、熊が人間の女を食べたい一心でとにかく村を荒らすという、上手くない行動を取ったので、人間と熊の形勢が逆転されてしまいそうな予感がしました。
熊が夜に発見されて撃たれると、夜が明けてから人間がとどめをさすという行動を起こして、ついに熊が討ち取られる形で決着がついて事件の話は終わりました。
北海道のヒグマは死んだふりや火が無効ですたり、執着心が強くて止めるものに激しい追撃をかける行動を取ったりする事がわかって、後世の熊事件に陥る事もあっていい勉強になりました。次はどの話を調べようかな?

You may also like