久々に行ってみたくなったけれど

「工藤静香が釣り履歴30年以上で表彰された」と、いう記事を見た。

彼女が釣りが趣味とは知らなかった。

女の子にとって釣りが好きになれない理由に、例えばゴカイとかアオイソメの様なエサを触るのが嫌とか、トイレがない所での釣りに抵抗を感じるからではないかと思う。

まあそういった人はルアーとかフライフィッシングがあるのでそっちをやったらいいと思うが。

私も昔は学生の頃によく釣りに行っていたものだったが、最近は暇もなくご無沙汰だ。好きなターゲットは太刀魚かカレイを釣りに行っていた。

今の時期、冬はよくカレイ釣りに行っていたものだ。普通は竿を3本くらい用意して、異なった距離に仕掛けを投げてアタリを待つのだが。私は忙しい釣りが嫌いなので、

竿を1本だけ用意して仕掛けを投げ入れてのんびり待つスタイルが好きだった。暖かいコーヒーなどを持参して飲みながら。最近はエサも高くて、

手軽に遊べる趣味とは言えなくなったような感じです。始めるといい道具も欲しくなるし。

また、この時期は寒い、特に今年は寒いと思う。これが、どうも最近釣りに行こうという気が失せる一番の理由かも。何かと理由を付けてやらないから、

私は釣りを趣味とは言わないことにしている。そんな自分と違い、彼女は30年以上も続けている釣りを胸を張って趣味と言っていいと思う。

Continue Reading

原監督がテレビで話をしていました。

昼間の情報番組をみていると、ゲストに箱根駅伝で優勝した有名な青山大学の陸上部の原監督がでてきました。話の内容がとても興味深かったです。選手の力を引き出すためには選手の自主性を重んじているそうです。具体的にどんなことを頑張りたいかということをすべて手書きですべての選手にかかせるそうです。

これは選手のモチベーションをあげるそうです。このように目標を書き出すことの大切さをサラリーマン時代の営業の仕事から学んだそうです。部に入ってくる選手の中には「青学の陸上部に入ればうまく走れる」と思って入ってくる選手もいますがそんな時には「青学にはいったから強くなれるのではない、走っている選手は努力をしているから早く走れるのだ」と諭すそうです。また青学の陸上部では選手はみな寮生活で生活を共にしているそうです。

一軍と二軍によって食生活、部屋、からだのケアなども違いがあるそうです。この中で自分の立ち位置を知り、競争心を持つことが大事なのだそうです。プロ野球のようだなと思いました。強い学校というのは違うなと思いました。このような厳しい条件のなかでも監督が一番大切にしていることは部員との信頼関係を持つことなのだそうです。

Continue Reading

南米コロンビアで日本人大学生殺害、容疑者いまだ捕まらず

11月19日、南米コロンビアのメデジン市で一橋大学の男子学生が殺害される事件が発生しました。学生はタブレット端末と携帯を強奪されたために犯人を追跡、現れた仲間の男に銃撃されたとのこと、現地警察は監視カメラの画像を解析し、逃走した男達の行方を追って要る模様だ。

南米は多くの日本人が非常に治安の悪いところというイメージを持っているようですが、まさにそれを証明するといった事件が起こってしまいました。そういう国に行った際はより護身意識をしっかり持つことが重要で、金目のものは大っぴらにしない、相手が武装やる可能性があるので無理に追跡せず、速やかに警察に被害届を描き出すといったことが無難ではないでしょうか。とはいえ、こういう学生に取った行動に対し、非難される余地は絶対にないことは疑いようがありません。

こういう学生の友人によると、

「世界で起こっていることを自分の目で確かめたい」

という動機の元、いくつかの国を訪れていたとのことで、将来は国際貢献ができる仕事がしたいと語っていたようであります。夢半ばで命を落としてしまったことを思うと非常に残念であります。

今年は既にバングラデシュで日本人が殺害される事件が発生している。今回の事件は背景は違いますが、海外ではいつ危険が降りかかってくるか思い付かという点では同じです。海外においては、日本では考えられないような事件が起こるものである、その意識を決して忘れてはならないのではないか、そう思わせた事件でもありました。

Continue Reading

夜のカフェがけっこう繁盛していてビックリ

夜、用いる湿布薬を切らしてしまったことに気づきました。
肩こり腰痛がひどかったので我慢できず、夜10時まで開いているドラッグストアに買いに行くことに。
その店が入っているモールは、他にも書店やカフェ、スーパーが夜10時まで営業している。
それでもこんな時間にはあまりユーザーいないと思っていたんです。
ドラッグストアは案の定客は2~3人程度でした。
ついでに立ち寄ったスーパーも、めぼしい生鮮食品は売り切れていて閑古鳥。
で、加わるつもりはなかったんですが、ふとカフェも覗いてみると・・・。
なんと満席、ユーザーたちが楽しそうにワイワイお茶やるか!
夜のカフェってこんなに繁盛しておるもんなんですか、とビックリです。
レストランならちょい遅めの夕食時のでわかりますけどね。
家族がいると、夜にカフェに行くなんて考えられないので驚きです。
さすがに子どもがいる家庭ではないんでしょうかね。
まあひょっとしたら、そのモールで働いていらっしゃる人が仕事帰りにお茶やるのかもしれません。
殆ど夜買い物にいくことがない私にとってはちょっと驚きの光景でした。
まあだからといって、私は今後も夜カフェにお茶に来ることなんてないでしょうけどね。

Continue Reading

「週1回程度適度な運動をしていますか?」

健康診断のこの項目、今までげんなりした気分で「いいえ」にチェックを付けていました。

確かに、社会人になってから運動なんて縁遠い生活を送っています。

健康増進の為、した方が良いと解っていてもなかなか手がでない。

そんな日々を送っていたのですが、ついに今年の7月ホットヨガを始めたのを切っ掛けにその項目に○を付ける事ができる身分となりしました!!

毎回、医師との面談もあるのですが笑顔で「運動してます」って言いきれるのが清々しい。

しかも、行った日~3日後くらいまでお通じが改善される嬉しい誤算も。

そんな私に影響されて、妹もヨガを始めたのですが酷い鼻炎が少しマシになったのです。

お通じは、ヨガ中はお腹をひねる様な動きや発汗作用、水分をいつもより多めに取っているからで説明が付くのですが…まさか鼻炎まで効果があるとは…。

小さい頃から彼女は病弱で、医師に定期的な運動を勧められたのですが…あまりに病弱な為、長続きしたスポーツがなく。そのままなんとか大人になった感じでした。

その妹がスポーツで体調が良くなるなんて、それこそ誤算中の誤算です。

恐らく走ったり泳いだり一気に体力を消耗する様なものではなく、ゆっくりとした動作で徐々に体を動かしていく形態が彼女には合っていたのだと思うのですがびっくり。

お医者さんが推奨するって事は、本当に効果あるんだな。

そう実感した出来事なのでした。

Continue Reading

自分の事以外で涙が出たのは久しぶり

一昨日、J1リーグで最終節が行われた。優勝の可能性を残しているのは首位アントラーズと2位フロンターレのみ。勝ち点差は2.アントラーズが勝てば文句なしの優勝だが、引き分けか負けだとフロンターレの結果次第では逆転優勝となる。恐らく大半のサッカーファンは先週まではアントラーズの優勝と思っていたであろう。私もそのうちの一人である。しかし今回同様勝てば優勝という試合をホームで引き分けてしまう。

こうなると完全に追う方が精神的に有利。Jリーグが始まり20年近く経つが、今まで何度も最終節で2位、もしくは3位のチームが逆転するというのは見ていたので、今回もその可能性は高いと個人的には思っていた。それとは別にフロンターレは過去に本当に気の毒になるくらいに何度もあと1歩のところで色んなタイトルに手が届いていなかった。そろそろ優勝しても良いだろうと贔屓目に見ていた人は多かったはずだ。私の予想通りに失うものはないフロンターレはのびのびとプレーをして、5-0と圧勝。

対するアントラーズは相手の粘り強い守備を崩せず0-0で引き分けてしまった。これによりフロンターレが悲願の初優勝。私は家で親とテレビで見ていたのだが、ようやく悲願のタイトルを手に入れて歓喜の涙を流すフロンターレ関係者を見て貰い泣き寸前だった。一人で見ていたら間違いなく普通に泣いていただろう。おめでとう、フロンターレ!

Continue Reading

UFOあんかけ中華風焼そばを食べてみた

息子とUFOの新商品を食べてみました。

作り方の説明文を見ない私はいつものUFO感覚でお湯を注ぎ、いざ中のソースやら何やらを入れようと思ったら湯切りをしなくていいとのことでまずビックリしました。

慌てて説明を読んでつくりはじめたのですが、とろみの素を入れてかき混ぜるということで、しかも1分以上まぜるといいと書いてありめんどくさがりの私と息子はここで気分が萎えました。

が萎えかけた気持ちをワクワク感で抑えかき混ぜているととろみ成分が効果を発し箸が重くなります。

そこで私のテンションはとろみに期待しつつも「けっこう手間がかかるよね」ともらすと息子が「それなー」と同意していました。

それでも、ネタになるしおもしろいので、もはや作業と化したUFO作りをすすめ粉末スープを入れると更に箸が重くなります。

いい具合にとろみがついて箸の重さが我慢できるほどのおいしそうなとろみにうっとりしたところで実食へと移ります。

寒い時期にいただくとろみはUFOのあたたかさを保ったまま食べることができ、のどごしもよくつるっと入ります。

とろみ成分の効果で麺がふやけているように感じましたが箸でもちあげても切れないということは麺自体はふやけてはいないようすです。

今までのUFOのイメージを完全に頭から切り離すと楽しいとろとろのとろみは、とても魅力的な食べ物だと思いました。

新商品は観察のしがいがあって楽しいです。

Continue Reading

テロリスト当然の巨大な熊の話への驚き

熊といえば動物園で見ればかっこよかったり、凄かったりして見分けるものの1つですが、超巨大熊によるテロ行為が地球上の各地で起こっているのがやばいだ。
個人的には、北海道の三毛別の巨大ヒグマのが、熊による村落襲撃の話として甚だしく調べて見たい気がしました。
熊が人間の家に食事のために襲撃をかけるだけではなく、人間を保存食にするという知恵を働かした事は、熊は意外と素晴らしい動物に見えました。
もはや北海道のちっちゃな村は戦場と化し、熊と人間の力と知恵の殺し合いが始まったのを確認したら、いかなる記録になって見極めるか夢中になって見つけ出しました。
村の男衆が一部分に集まって警戒しているのをよそに、熊が女子供を食いに奇襲をかけるシーンも熊の賢さと恐ろしさを示していました。
こういう調子でいけば熊1頭で村を滅ぼせるという空気でしたけど、人間側が援軍を求めて熊を射殺したいという執念を見せてどんな展開になるか見ものになりました。
人間が熊の習性を活かして策をかけたけど、熊は寸前の所で策略を見抜いて立ち去ったので、熊の方が謀略戦に一応勝利した形になり、熊の勝ちかと思いました。
ところが、陸軍が出撃したあげく、熊が人間の女を食べたい一心でとにかく村を荒らすという、上手くない行動を取ったので、人間と熊の形勢が逆転されてしまいそうな予感がしました。
熊が夜に発見されて撃たれると、夜が明けてから人間がとどめをさすという行動を起こして、ついに熊が討ち取られる形で決着がついて事件の話は終わりました。
北海道のヒグマは死んだふりや火が無効ですたり、執着心が強くて止めるものに激しい追撃をかける行動を取ったりする事がわかって、後世の熊事件に陥る事もあっていい勉強になりました。次はどの話を調べようかな?

Continue Reading