猿の惑星の聖戦記を昨日映画館で鑑賞しました

子供が映画を見たいというので、何が公開しているのか調べたところ猿の惑星がいいのではと思い決めました。自宅から30分ほどのところにある映画館を毎回利用しているのは交通の便もよいこともありますが、ネットで事前に席を予約できるからです。

早速知らべたところお昼過ぎの時間帯でしたが、意外にすいていたことがわかりました。いつも映画館の真ん中の席を予約できないことも多いのですが、今回は隣にだれもいない席を選ぶことができました。いつもは上映する前にポップコーンを購入しますが、遅めの昼食をとっていたので飲み物だけにしました。上映時間になり映画館内に入ると、子供連れはほとんどいませんでした。大半は50代、60代の夫婦連れが多く、中年の男性が一人で見ている人も目にしました。

猿の惑星は旧シリーズはかなり前に制作されていたので、それを見ていた年代の人が懐かしさで鑑賞しにきているのかと思いました。

映画の内容は言えませんが、大半はCGだと思いますがほとんど区別がつかなく本当に猿が話をしていうとしか思えませんでした。特に表情があまりにリアルで人間としか思えなくなる素晴らしい出来栄えでした。

今回は旧シリーズの第一作につながる内容だなと思いながらみていましたが、あとで確認するとあっていました。旧シリーズは何度も見ていたのでうまく話をつなげていたことに感心してしまいました。子供も食い入るように見ていたので良い映画だったなと思いました。

Continue Reading

セ・リーグクライマックスファイナルステージ第1戦

セ・リーグクライマックスファイナルステージ第1戦は広島がDeNAに勝ち2勝と優位に進めています。DeNAとしては自慢の打線が薮田に封じられてしまいました。序盤はDeNAにチャンスがあり3回の1死1.2塁で桑原の併殺打が全てだったと思います。この日は雨が降りしきる中での試合だったので恐らく5回でコールドゲームが予想されました。そこでの5回0点はDeNAにとっては致命的だったと思います。5回裏DeNA先発石田はバティスタにあっさり四球を出してしまい、新井には粘られてヒットを打たれます。

この2人の打者にはシーズン途中からよく打たれていたために警戒しすぎたのでしょうか。バティスタは1発がありますし、新井に対しては石田は球威がない投手なので直球は当てられますし変化球は読まれて打たれることもしばしばでした。そして送りバントで会澤をなんと敬遠してしまいます。これで投手薮田を抑えても何故田中まで回すのかが分かりませんでした。確立とすれば会澤勝負で行った方が0に抑えられる可能性はあったと思います。田中は四球も選べますし満塁だと押し出しもあり制球も甘くなるとおもいましたのでまさしくそれで打たれたものでした。これでDeNAは苦しくなりましたが、打線が奮起しないと勝負にならないので何とか打ってもらいたいです。

Continue Reading

子供の送り忘れ

10月に入り残暑もやわらぎ、熱中症に対してそれほど心配しなくても大丈夫な時期になりましたね。

今年も、子供が車中に取り残され、熱中症で亡くなってしまうという痛ましい事故がありました。

私がいつも気にしているのは、パチンコ屋などで、意図して置き去りにされなくなったケースではなく、保育園や幼稚園に送り忘れて、放置され、死に至ってしまうケースです。

今年は祖母が孫を、昨年は父親が子供を送り忘れて、放置し亡くなってしまった事故がありました。

実際、送り忘れなんてあるの!?と思う方のほうが多いと思いますが、十分に起こり得ると思います。

我が家にも保育園に通う娘がおり、毎朝、主人が保育園まで送って行ってます。

夏の時期は、送り忘れてないかという不安が、常に頭の片隅にあります。

本人は、送り忘れることなどありえない!!と言っていますが、誰もがそう思っているはずです。

でも、ちょっと別なことを考えていたり、いつもと違うルーティンだったり、仕事に間に合わなく急いでいたり。。。

ちょっとしたきっかけで、忘れてしまう、そういうことがあると思います。

実際に一度だけ、主人もなぜかわからないけど、いつもの道を曲がり損ねたことがある、と言ってました。

通り過ぎてすぐに気づいて、ちゃんと送り届けてくれましたが。

人間、だれしもミスは起こすもの。

絶対はない!!と自分に言い聞かせ、注意してもらいたいな、と思います。

Continue Reading