セ・リーグクライマックスファイナルステージ第1戦

セ・リーグクライマックスファイナルステージ第1戦は広島がDeNAに勝ち2勝と優位に進めています。DeNAとしては自慢の打線が薮田に封じられてしまいました。序盤はDeNAにチャンスがあり3回の1死1.2塁で桑原の併殺打が全てだったと思います。この日は雨が降りしきる中での試合だったので恐らく5回でコールドゲームが予想されました。そこでの5回0点はDeNAにとっては致命的だったと思います。5回裏DeNA先発石田はバティスタにあっさり四球を出してしまい、新井には粘られてヒットを打たれます。

この2人の打者にはシーズン途中からよく打たれていたために警戒しすぎたのでしょうか。バティスタは1発がありますし、新井に対しては石田は球威がない投手なので直球は当てられますし変化球は読まれて打たれることもしばしばでした。そして送りバントで会澤をなんと敬遠してしまいます。これで投手薮田を抑えても何故田中まで回すのかが分かりませんでした。確立とすれば会澤勝負で行った方が0に抑えられる可能性はあったと思います。田中は四球も選べますし満塁だと押し出しもあり制球も甘くなるとおもいましたのでまさしくそれで打たれたものでした。これでDeNAは苦しくなりましたが、打線が奮起しないと勝負にならないので何とか打ってもらいたいです。

Continue Reading